個人では難しい?

夫や妻の言動に不審な点が見られるからと、浮気調査を行うというする方がいますが、個人で行う浮気調査は、中々思った通り成果を上げられないといいます。浮気の証拠を見つけるためには、様々な形で情報収集を行う必要がありますが、このときの証拠の集め方次第では、相手にばれてしまい、逆にプライバシーの侵害として訴えられたり、離婚を請求され、慰謝料を支払うことになるなど、相手が有利な状況に立ってしまうことも考えられるので、あせって自分だけで動かないようにしましょう

カメラ個人で行う浮気調査は、知識の無さが原因で失敗することが多いです。例えば証拠写真を集める際は、第三者が見て浮気と判断できる証拠を集める必要があり、浮気相手と夫や妻の顔を正面で撮影したり、キスやハグを行う瞬間や、ホテルから入る瞬間と出る瞬間の両方を撮影する必要があったりと、時間が限られる個人での撮影が難しい写真を求められますし、メールなどの内容をチェックしようとした際も、パスワードを自分で解いたりすると、不正アクセスと見なされて裁判などの証拠として使用できないこともあります。

確実に証拠を得るためには、自分ひとりで行動するよりも、プロのサポートを受けたほうが確実です。興信所に依頼すれば、裁判に使える決定的な証拠をばれずに手に入れられるので、安心して調査を依頼してみてください。